【おちょやん】セリフ書き出し第19週92話|喜劇王 須賀廼家万太郎は最後まで笑っておりました。

朝ドラ【おちょやん】第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」92話、この先もちゃんと生きていく場所を道頓堀に作ってやりたいという理由で、新しい劇団に入ることを決めた一平。

一方、喉のガンで声が出なくなった須賀廼家万太郎の最期の公演に、千之助が助っ人として登場し実に40年ぶりに須賀廼家兄弟が復活。

客の記憶の中で万太郎にいさんはず~っといきていく、最期の別れの言葉が暖かく、心置きなくあの世に旅立ったに違いない須賀廼家万太郎に合掌して明日は寛治です。

【おちょやん】セリフ書き出し第19週92話

千之助:「わしは声がもう出ない」か。

(でんでん太鼓の音)

千之助:じゃかましいわ おら!

シズ:喉のガンやそうや。もう芝居続けはんのは無理やろな。

●鶴亀株式会社・稽古場A

(泣き声)

一同:おおっ!

一二九:あ…兄上!

万歳:生きてはったんですか!

万太郎さんは 最後に一日だけ声が出えへんまま舞台に上がるっちゅうむちゃなお願いを大山社長に許してもろたんやそうです。これはそのお芝居のお稽古やったんやな。紛らわし。

師匠…。師匠…。

●天海家

千之助:あんなんで板の上立っても恥さらすだけじゃ。死んだ方がマシじゃ。

漆原:執念や。

香里:何?

漆原:これこそ喜劇役者 須賀廼家万太郎の執念や。

千之助:しょうもな。

(OP)

香里:そんなん魅せられても笑うに笑われへんわ。

徳利:確かに。しかも今 あの一座で万太郎さんの芝居についていけんのは一二九さんくらいのもんやしな。

(でんでん太鼓の音)

天晴:若いええ役者はぎょうさんおったのにな。戦地から戻ってきたんは 今んとこ 2人だけらしいわ。

徳利:寛治 どないしてんねやろか。

香里:それは言わへん約束や。

徳利:堪忍。

千代:千之助さん。

千之助:何じゃ。

千代:もし これがほんまに万太郎さん最期の芝居になってしもたら 悔い残してしまうのと違いますか?

千之助:ほんなもん わしに関係あるかい。邪魔くさい。ああ もう寝るさかい 布団ひいてくれ。

千代:えっ?

天晴:わてらも寝よか。

漆原:そうし そうしよ。

千代:何や あんたら うちに泊まる気かいな。

香里:しゃあないやんか。誰かがはっきりしてくれへんせいで まだこの道頓堀で新しい劇団やるかどうか分かれへんのやさかい。

天晴:そういうこっちゃ。

徳利:へへへへへ。

千代:ほな 自分らでひき!

貼り紙「寛治へ 私たちは旅公演に出てゐる 帰ってきた時は 岡安にいくやうに 一平 千代」

それは千代ちゃんたちが旅回りに行ってる間に 寛治君がいつ帰ってきてもええようにと貼っておいた書き置きでした。

千代:香里 寝巻き取ってきたげるさかい。

香里:堪忍な。

徳利:いつもわし ここや…。

千代:ちゃっちゃとしなはれや。

香里:うちの布団ひいてえな。

天晴」何でやねん。

千代:さすがにボロボロやな。書き直さな。

一平:いや…。もうその必要はあれへん。やるわ 新しい劇団。ほんまのこと言うとな 自信あれへんのや。こない先の見えへん世の中でどないな芝居を作ったらええのか まだ分からへん。せやけど寛治が帰ってきた時に ちゃんと芝居できる場所を残しといてやりたい。あいつがこの先もちゃんと生きていく場所を道頓堀に作ってやりたい。

千代:もう あんたら もう遅い…香里! 何してますのや。立ちなはれ。

こうして…。

●新えびす座・舞台 

(拍手)

千之助さんと万太郎さんは実に40年ぶりにおんなじ板の上に立ったのです。

千之助:(裏返った声で)そこの…。

(笑い声)

千之助:そこの者 よく聞け。お前は今日死んだ。よってこの場で裁きを受けねばならぬ。お前が生前 人を喜ばした数と悲しませた数 そのどちらが多いかで極楽 地獄かが決まるのじゃ。

●鶴亀株式会社・稽古場A

千之助:お前ら 何も分かってへんのう。

一二九:今 稽古中や…。

千之助:じゃかましい! わしはこいつと話 しに来たんじゃ。

千兵衛:話 するて 万太郎さんは…。

千之助:何や そこの顔。お前は身勝手なやっちゃなあてか。あんたの考えてることはみ~んな分かるわい。わしが助けたる。

●新えびす座・舞台

千之助:ここにはお前の生前の行いが全て書かれている。いいことも悪いことも。早速 見てやろう。お前が喜劇役者として笑わせたお客さんの数…。およそ80万人。

(拍手)

千之助:一方 お前が男として泣かせた女の数 100万人。はい 地獄へご案内~。はい地獄へ…。ありがたあて 言葉も出えへんてか。

●鶴亀株式会社・稽古場A

千之助:おい! おい! どないした? しっかりせい お前!

師匠!

千之助:卵かい! 好きやのう お前 卵。

千之助:ほなの。一緒に出て どないすんねん。

(笑い声)

千之助:お前は稽古や。わしは帰る。ほなの。出んのかい! 

(笑い声)

千之助:引っ掛かったがな!引っ掛かっとるがな! 

熊田:須賀廼家兄弟の復活や…。

●新えびす座・舞台

千之助:そこの…そこのおねえさんは お前の隠し子。何でや! あそこのおじいさん あそこ じじいは お前の隠し子。ちゃうわ! あほなこと言うな お前! 頭の具合見てみ。わしより年上やないか! 何やねん ああ もうええわ あほ! 何をしてんねん お前は! わし…わし どっちかな 極楽か あほか! 雪降らせ はよ。はよ送れ 地獄へ。ほれほれ。おお 見てみい。お前がお客さんを笑わしてお客さんを喜ばせたから極楽の扉が開いたわい。須賀廼家万太郎! 旅立ちじゃ! 

(拍手と柝の音)

(拍手)

千之助:止まって どないすんねん! 止まってどないすんねん! お前 柝も止まってもうたがな! 幕…幕 どないしたん。何で…何じゃ おい。ああ? 分かった 分かったわ。分かった 万太郎にいさん。まあこれからもきっと 皆ものう 万太郎にいさん思い出して笑いよるわい。にいさん そうやってず~っと生きていくんじゃ。のう! 

(拍手)

客:万太郎!

(拍手)

客:万太郎!

(拍手)

千之助:須賀廼家万太郎! ひつこい男やのう。

(拍手)

客:万太郎!

(拍手と歓声)

(拍手と柝の音)

●新えびす座・舞台袖

千之助:疲れたのう。わしもじゃ。でも なんとか かっこついたど。さあ 1名様 地獄へご案内~! ハハハ…。

喜劇王 須賀廼家万太郎は最後まで笑っておりました。

(笑い声)

(つづく)

●このセリフ書き出しは、聴覚に障がいのある方や日本語を勉強されている方々等の要望に基づいて行っております。
●字幕を追って書いておりますが100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。
●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。

関連記事

NHK連続テレビ小説・第103作【おちょやん】のネタバレあらすじと各回の全セリフ、そしてキャスト紹介を最終回まで書き続けています。朝ドラ【おちょやん】は女優・浪花千栄子さんをモデルに、その生涯を再構成してフィクションとして作られたド[…]

朝ドラ人気ブログランキング

朝ドラ・昼ドラ 人気ブログランキング – テレビブログ