【エール】ネタバレ(セリフ)15週74話|出征前に鉄男に言葉をかける藤堂先生

  • 2020年9月24日
  • 2020年10月20日
  • エール

朝ドラ【エール】15週74話、「暁に祈る」の主題歌制作で6回連続で没を出された鉄男を励まそうと、鉄男を連れて福島に帰る裕一。そこにはすでに久志も到着していて、やがて藤堂先生の姿も。

悩む鉄男に対して藤堂先生がかけた心に刺さる言葉がこちら。

俺のことを思って書いてみてくれないか? 実は…出征することになったんだ。うちの父は軍人でね 若い時には反発していたが 自分も親になってみて親父の気持ちが分かるようになった。お国のために立派に役目を果たしてくるよ。歌って心の支えになるだろ? 誰にでも自分にとって大切な曲があるもんだ。もし村野と古山が作った曲と共に行けたら こんなに心強いことはない。

【エール】15週74話のセリフ書き出し

復員兵・白石:地獄だよ 戦場は。心殺さないとやってらんねえ。

武田少佐:話になりませんな。あなたは根本が理解できていない。

智彦:もう一度だけ 村野さんの歌詞を拝見するとのことです。

●おでん屋台

裕一:せっかくチャンスもらったんだからさ もう一度書いてみようよ。

鉄男:もういいって。俺はクビになったんだ。

裕一:そ…そんなことないよ。

鉄男:あの仕事は俺には向いてなかったんだよ。

裕一:大将 聞いて。

鉄男:とにかく もう関わる気ねえから。

●古山家・居間

裕一:大将もいろいろ悩んじゃってさ 本領を発揮できてないだけだから…。

音:6回も没になったら自信なくしちゃうのも無理ないと思うけど。

裕一:何かな~きっかけがあればいいんだけど。

音:うん…。

裕一:そっか…。

●喫茶店「バンブー」

恵:えっ? 裕一さん 福島に行ったの?

保:鉄男君と2人で?

音:はい。田舎に帰れば鉄男さんの気分も少しは変わるんじゃないかって。

恵:あ~いいかもね。

保:分かるな~。原点に帰りたくなる時ってあるよね。

恵:あるの?

保:あるさ。長く生きてると 時々ふっと 人生を見つけ直したくなることって誰にでもさ…。

恵:鉄男さん 元気になるといいわね。

音:そうですね。

保:僕の原点は やっぱり本の匂いかな。本屋で紙の匂いを嗅ぐと何とも言えない…。

恵:福島三羽ガラスの曲 私たちも聴きたいもんね。

音:はい。裕一さんたちの夢なので。

恵:うん。

保:夢なので。

●福島・古山家・玄関先

鉄男:本当に世話になっていいのか?

裕一:もちろん。好きなだけ泊まってって。ただいま~。

鉄男:お邪魔します!

裕一:さあ 入って入って。

●福島・古山家・居間

裕一:ほら 大将 上がって。

久志:どうぞ。

主婦A:いや~うれしい! 見で!

主婦B:私も頂けっかしら?

久志:もちろんです。

鉄男:久志?

裕一:何で? ちょっと…。

まさ:裕一。

裕一:あっ!

まさ:お帰り。

裕一:母さん。ちょ…ねえ 何で? 何で何で何で?

まさ:歌手の方まで来てくれて皆さん大喜びよ。

裕一:う…うん…。

主婦B:「露営の歌」大好きなの!レコードも買ったのよ。

久志:本当ですか。うれしいな。

主婦B:実物もいいお声だわ~!

(せきばらい)

久志:ありがとうございます。

主婦A:あっ…。

主婦B:あ~ 裕ちゃん 久しぶり!

裕一:あ~どうも ご無沙汰してます。

主婦B:歌手の佐藤さん いたもんでびっくりだわい。

裕一:あ~それはそれは…。ちょちょ…ねえ 何してんの?何でえ?

久志:僕だって三羽ガラスの一員だからね。仲間外れにしようたってそうはいかない。

久志:これ つまらないものですが。

まさ:どら焼き? すみません わざわざ。

久志:ここのどら焼き あんこがとってもおいしいんです。

まさ:お父さんにお供えしなきゃ。

裕一:そうだね フフッ。

まさ:うちのお父さんね お酒も大好きだったけど あんこも大好物だったの。早速 開けさせて頂くわね。ちょっと待ってて。

浩二:ただいま~。

裕一:浩二だ! 浩二 ただいま!

浩二:兄ちゃん お帰り。

裕一:弟の浩二。

浩二:どうも。

鉄男:どうも。

久志:お邪魔してます。

裕一:今ね 市役所でりんご栽培の支援してんの。どう?最近。

浩二:あ~なんとか一歩ずつ進んでる。

裕一:そっか。

浩二:うん。あっ それにしても兄さんの方もいがったな。

裕一:うん?

浩二:「露営の歌」。

裕一:ああ…ありがとう。

浩二:近所から 兄さん町の誇りだって言われて。

裕一:えっ!

浩二:母さんも喜んでる。

裕一:ハハハ…。

浩二:そうだ そうだ… これ よかったら皆さんで。

鉄男:あ~わざわざどうも。

久志:よくできた弟さんだ。

裕一:ありがとう。

浩二:じゃあ 僕はこれで。

裕一:えっ!? もう行くの?

浩二:あ~今から生産組合の集まりなんだ。

裕一:そっか。

浩二:じゃあ ごゆっくり。

久志:また。

裕一:気ぃ付けて。

●福島・古山家・二階の裕一の部屋

鉄男:「露営の歌」人気すげえな。2人とも福島の星だな。

裕一:母さんも浩二も大袈裟だったよ。

鉄男:お母さんも弟さんもいい人だ。いい家族だな。

裕一:まあ 顔見っと ほっとするよね。

鉄男:久志は? 実家は戻んなくていいのか?

久志:実はちょくちょくこっち戻ってきてんだ。

裕一:へえ…。

久志:父さんも年取ってあちこちガタが来てて心配でね。

鉄男:そっか…家族がいっと 心配事が増えるもんなんだな。

<<まさ:裕一 いらしたわよ。

裕一:大将立って。久志。

鉄男:何?

裕一:いいからいいから…下 行こう。行こう行こう。お客さん お客さん。

久志:えっ?

●福島・古山家・居間

鉄男:えっ?

久志:藤堂先生!

藤堂:よう みんな。元気そうだな。

昌子:裕一君 お久しぶり!

裕一:昌子さん お久しぶりです。どうしてもね 藤堂先生に会いたくて 遊びに来て下さいって誘ったの!

まさ:今夜は宴会ね!

裕一:うん!

●福島・古山家・台所

久志:よし…よいしょ。

まさ:ありがとね。助かった。

久志:お安い御用です。よいしょ。

まさ:久しぶりに大勢集まってうれしいわ。裕一にも こんなにいいお友達いたのね。

久志:裕一君といるとほっとするんです。僕たちの癒しです。

まさ:癒し? フフッ。

久志:東京でもみんなで助け合ってるんでどうぞご心配なく。

まさ:ありがとう。これからもよろしくお願いします。

久志:よろしくお願いします。

●福島・古山家・中庭

裕一:上から下ろして…左に…。

憲太:出来た!

裕一:そう 出来た 出来た。

昌子:フフフフ…。

裕一:憲太君 5歳ですか。大きくなりましたね。

昌子:うそみたいよね~私たちが親になってるなんて。

裕一:本当ですよ。

昌子:懐かしいわね。銀行にいた頃。ダンスホールの事件とかいろいろあったよね。

裕一:ハハハ…。ありましたね。あっ 上手!

昌子:う~ん!

憲太:出来た!

昌子:アハハハ…。あのころから ずっと…もっと前から裕一君のそばには音楽があったのよね。

裕一:まあ 本当に小学生の時に藤堂先生がハーモニカ薦めてくれなかったら僕の人生 全然違うもんになってたと思います。

昌子:そうね…。私も子どもに音楽教えてるあの人が一番好きなんだけどね。

●福島・神社の境内

鉄男:先生…すみませんでした。ずっと謝んなくちゃと思っていました。先生が紹介してくれた新聞社相談もせずに辞めてしまって。

藤堂:ああ…そんなの気にするな。好きなことをやればいいんだ。

鉄男:こんな自分が道 踏み外さずなんとか生きてこられたのも先生のおかげです。

藤堂:…で どうした?

鉄男:えっ?

藤堂:いや 何か…話を聞いてやってほしいって 古山が。

鉄男:そういうことか…。

藤堂:まあ 別に話さなくていい。こうして会えただけで俺はうれしいよ。

鉄男:陸軍から受けた仕事で…6回連続不採用。あげくの果てにクビになりました。

藤堂:そりゃ…しんどいな。

鉄男:裕一は諦めず 一緒にやろうって言ってくれてますけど…。愛馬精神とか戦意高揚って言われても どうしても気持ち乗せらんなくて。

●福島・古山家・中庭

裕一:出征? 先生がどうして?

昌子:実はあの人 予備役将校なのよ。

裕一:戦地に行かれるんですか?

昌子:恐らく そうだろうって。だからあの人 今日をすごく楽しみにしてたの。ありがとね 裕一君。

裕一:いや…いやいや。

●福島・神社の境内

藤堂:俺さ…「福島行進曲」好きなんだよ。

鉄男:ありがとうございます。

藤堂:あれって たった一人のことを思って自分の気持ちをつづった歌だろ?

鉄男:はい そうです。

藤堂:誰か一人に向けて書かれた曲って 不思議と多くの人の心に刺さるもんだよな。

鉄男:ああ…。

藤堂:今度は…俺のことを思って書いてみてくれないか? 実は…出征することになったんだ。

鉄男:えっ?

藤堂:うちの父は軍人でね 若い時には反発していたが 自分も親になってみて親父の気持ちが分かるようになった。お国のために立派に役目を果たしてくるよ。歌って心の支えになるだろ? 誰にでも自分にとって大切な曲があるもんだ。

鉄男:はい。

藤堂:もし村野と古山が作った曲と共に行けたら こんなに心強いことはない。

●福島・古山家・居間

久志:はい。お母さん…お母さんの煮物 最高でした。あのおだしの風味が一流の料亭にも負けない品があります。

まさ:そうかしら?適当なんだけど。

昌子:アハハ…。久志君って 子どもの頃からこんなだったの?

藤堂:ああ。こんなだったね。

久志:「こんなだったね」って何ですか。

藤堂:あっ そのつまり…独自の世界を持ってたってことだ。

昌子:フフフ…。

藤堂:古山は気弱なとこもあるけど 根っこは頑固で思い込んだら一直線。

まさ:さすが先生! よく見てらっしゃるわ。

藤堂:村野は学校一のガキ大将だった。

昌子:分かる。けんか強そう。

藤堂:でも本当はすごく繊細でな…。みんなとは楽しい思い出ばっかりだ。本当に幸せな教師生活だったよ。

久志:フッ…いや そんな先生やめるみたいな言い方しないで下さいよ。ねえ?

●福島・古山家・二階の裕一の部屋

久志:先生ほど 教師が向いてる人はいないのにね。

裕一:先生にはいろんなこと教えてもらった。

鉄男:ああ…。

久志:俺は…歌う楽しさを教わった。

鉄男:俺は 詩 諦めんなって背中押してもらった。

裕一:僕は得意なもんを見つけてもらった。

(つづく)

●字幕を追って書いておりますが、100%完全ではありませんので、どうかご容赦下さい。●セリフに関してはその著作権等、一切の権利はNHKさんにあります。